古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

舞の海氏、稀勢の敗因は立ち合い「この一番で苦しくなった」/秋場所

サンケイスポーツ のロゴ サンケイスポーツ 2018/09/14 18:20 株式会社 産経デジタル
舞の海氏、稀勢の敗因は立ち合い「この一番で苦しくなった」/秋場所: 舞の海秀平氏 © サンケイスポーツ 提供 舞の海秀平氏

 大相撲秋場所6日目(14日、両国国技館)進退を懸ける横綱稀勢の里(32)は平幕千代大龍(29)に押し出され、土がついた。NHKでラジオ解説を務めた舞の海秀平氏(50)=元小結=は、今場所ここまで5戦全敗だった千代大龍に敗れた稀勢の里について、「立ち合い、深追いしすぎて失敗した。もっとじっくり取るべきだった。この一番で苦しくなった。終盤に横綱、大関戦が待っている」と苦言を呈した。

サンケイスポーツの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon