古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

近藤亜美「ちょっと変だったけど」松本薫引退惜しむ

日刊スポーツ のロゴ 日刊スポーツ 2019/02/05 18:57 日刊スポーツ新聞社
グランドスラム・パリ大会への意気込みを語る近藤亜美(撮影・峯岸佑樹) © 日刊スポーツ新聞社 グランドスラム・パリ大会への意気込みを語る近藤亜美(撮影・峯岸佑樹)

柔道のグランドスラム・パリ大会(9~10日)に出場する日本代表が5日、羽田空港から出発した。

12年ロンドン五輪女子57キロ級金メダルの松本薫(31=ベネシード)の引退発表を受け、ともに16年リオデジャネイロ五輪に出場した同48キロ級の近藤亜美は「すごく寂しい。強いのに全然いばらなし、親しみやすかった。ちょっと変だったけど、こういう人が五輪女王になるんだと思った」と名残惜しそうに語った。帝京大の後輩で同52キロ級の志々目愛も「試合への持って行き方など多くのことを学んだ」と話した。

日刊スポーツの記事をもっと読む

image beaconimage beaconimage beacon