古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「金メダルはこれっぽっちのものであるように感じて…」苦難の5年間を越えて萩野公介がたどりついた「いちばん幸せ」なオリンピック

Number Web のロゴ Number Web 2021/07/31 17:01 松原孝臣
200m個人メドレー決勝を泳ぎ切った萩野公介は、盟友である瀬戸大也と抱き合った。メダルのない五輪は「いちばん幸せ」な五輪だったという © Number Web 提供 200m個人メドレー決勝を泳ぎ切った萩野公介は、盟友である瀬戸大也と抱き合った。メダルのない五輪は「いちばん幸せ」な五輪だったという

 最後は、笑顔で締めくくった。晴れやかな笑顔だった。

 7月30日、競泳男子200m個人メドレー決勝。萩野公介は1分57秒49の6位で終えた。

「最後、東京オリンピックの舞台で泳ぐことができたので、うれしかったです」

 ようやくたどり着けた大舞台だった。

 2012年ロンドン五輪400m個人メドレーで銅メダル、2016年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した。リオでは200m個人メドレーでも銀メダル、4×200mリレーで銅メダルを手にし、男子のエースと呼ばれた。

 だが、ここまでの5年間は苦難の連続だった。

それでも、東京五輪を目指した

 リオ五輪が終わった翌月、前年に骨折した右ひじを手術、一時ブランクを強いられた。

 2017年には世界選手権、2018年にはパンパシフィック選手権に出場し、世界選手権では200m個人メドレーで銀メダルを、パンパシフィック選手権は400m個人メドレーで銀メダル、200m個人メドレーで銅メダルを獲得した。一定の好成績を残していたが、萩野は喜ぶことはなかった。世界選手権ではひとこと、「悔しいです」と押し殺した声で応えるほどだった。

 右ひじ手術の影響も一因だったろう。でも、それは一因だった。「金メダリスト」という肩書はどうしてもつきまとう。東京五輪で連覇を、という周囲の期待が集まり、そして萩野も肩書を背負う責任感を抱いているようだった。

 何よりも、どうやっても納得のいく泳ぎができないことが萩野を苦しめた。

 2019年には深刻な状況に直面する。2月、出場した国内大会の400m個人メドレーで自己記録より17秒以上遅いタイムで予選を泳ぎ、決勝を棄権。日本選手権も欠場し、モチベーションの問題から休養することを発表した。泳ぐことそのものが当然のことではなくなっていた。

 8月、ワールドカップ東京大会で復帰したが、その後も長く調子を取り戻すことはできなかった。

 それでも、東京五輪を目指した。水泳から離れる時間で、泳ぐことの意味も捉え直していた。

「大也と泳げるなんて、すごく幸せです」

 代表選考のかかる今春の日本選手権では400m個人メドレーをあきらめた。それも可能性を模索した上での決断だった。個人種目を1本に絞り込んでのレースだった。

 200m個人メドレーで代表になり、迎えた3度目の大舞台。4×200mリレーを経て、200m個人メドレーに臨んだ萩野は予選を通過。そして準決勝を泳ぎ決勝進出が決まると、涙を流した。

「(予選、準決勝、決勝の)3本を泳げるか分からない」と考えていた。その中で進むことができた。

「いろいろなことがありましたが、もう1本行けるなんて。(瀬戸)大也と泳げるなんて、神様がくれた贈り物としか思えないくらい、すごく幸せです」

 小学生の頃から競い合ってきたライバルであり盟友でもある瀬戸と泳げることもうれしかった。

 そして、決勝は終わった。

「このオリンピックがいちばん幸せでした」

「泳ぐ前から、ほんとうにいろいろなことを思い出して、大也と一緒にレースを泳ぐのも二けたでおさまっているのか分からないぐらいですけど」

 準決勝の涙と対照的な笑顔で語った萩野は、こうも語った。

「僕自身はこのオリンピックがいちばん幸せだったと思います。ロンドン、リオはメダルを獲りました。今回は決勝1種目だけ、順位悪いけど、いちばん幸せでした」

 幸せだと感じることができたのは、気づきがあったからだった。

「ずっと前ばかり見て、しんどいなと思って後ろを振り返ったとき、応援してくれる人がたくさんいました」

「未来の気持ちは誰にも分からないですけど」

 高みを目指さなければいけないと苦しみ続け、一度は立ち止まり、見つめ直した。もう一度走り始め、大舞台を目指した。その中で知ることができたのが、支えてくれる人たちの存在だった。

「(コーチの)平井伯昌先生をはじめ、ほんとうにたくさんの人がいることに気づくことができました。言葉は悪いかもしれないけれど、金メダルはこれっぽっちのものであるように感じて、たくさん、大切なものをもらえたと感じられて」

 だから、いちばん幸せなオリンピックだった。

 3度目の大舞台を終え、今後の競技とのかかわりを尋ねられた。

「ひとまずは、というところがあります。未来の気持ちは誰にも分からないですけど、今ある僕の気持ちを大切にするなら、東京オリンピックは今までのオリンピックでいちばん幸せだったということです」

 幸福の涙と、笑顔と。

 日本男子を牽引してきたスイマーは、長いトンネルの先に、大きな財産を手に入れた。

 それが萩野公介の東京五輪だった。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon