古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

7人の野球部育ちの“バズーカ捕手”。加藤匠馬は中日変革の象徴となるか。

Number Web のロゴ Number Web 2019/03/23 09:00 渋谷真
「甲斐よりも」と中村バッテリーコーチが絶賛する加藤の強肩。開幕戦から先発マスクを狙う。 © Bungeishunju Ltd. 提供 「甲斐よりも」と中村バッテリーコーチが絶賛する加藤の強肩。開幕戦から先発マスクを狙う。 新戦力についつい目が行きがちな開幕直前のプロ野球界。でも、もしかすると……ブレイクの可能性を秘める無名選手が、息を吹き返すベテランが現れるかもしれない。そんな期待を込めて、各球団のダークホース的な選手たちを集めてみました! まずは中日ドラゴンズの加藤匠馬選手です。

 日本人の何割が知っているのか定かではないが、業界団体は「まつさかうし」と表記する(『まつさかぎゅう』とも読む)。そもそも「松阪」は濁らないし、ニュースキャスターも「ぎゅう」とは読まない。そうはいっても三重県松阪市は知名度が高い。

 しかし、市内にある飯南地区のことを知っている人はぐっと少なくなるはずだ。

 伊勢茶の産地として県内では知られる飯南は、平成の大合併で松阪市に編入されるまでは町制を敷いていた。のどかな山あいの集落に、薫り高いお茶と並ぶ自慢が生まれるかもしれない。

 そんな小さな町で育った野球少年がいる。

 加藤匠馬。

 今シーズン、与田剛監督率いる中日ドラゴンズの正捕手に抜擢されようとしている。

中学の野球部は全員で7人。

「今は松阪市ですけど、僕が生まれたころは郡でした。僕が通っていた小学校は、学年5人しかいなかったんですよ」

 いきなりインパクト強めの回想である。加藤の母校は仁柿(にがき)小学校。近隣の学校と統合され、今はない。のどかすぎる環境で育った加藤が、野球を始めたのは小学2年のとき。地域の大人たちが「飯南の子にも野球をやらせてあげたい」と町内4小学校の合同チーム(飯南野球クラブ)を起ち上げた。

 その4校が学区となる飯南中でも、軟式野球部で続けた。こちらは学年50人、野球部は7人。そこからプロ野球選手が育つとは、地域の誰も、いや加藤本人も思っていなかったに違いない。

「だって僕、(進学先の)三重高には一般入試で入りましたし、野球部でも軟式出身ってだけで練習メニューが違いましたもん。まずは硬式に慣れましょうみたいな。3年間辞めずにがんばること。それが(当初の)目標でした」

 中学では投手兼遊撃手。捕手ですらなかった。県下屈指の強豪、三重高の1年夏に捕手に挑戦する。

加藤の最大の武器「バズーカ」。

 捕手に挑戦することになったのは、当時の監督に「それが試合に出るのに一番近いぞ」と言われたからだ。

 監督が目をつけたのも、今、プロでチャンスを与えられているのも、加藤にはオンリーワンの武器がある。昨年の日本シリーズでMVPに輝いたソフトバンクの甲斐拓也は「キャノン」を搭載しているが、加藤は中日ファンの間では「バズーカ」で通っている。

「たくさんの捕手を見てきたけど、肩の強い、弱いで言うなら1番だろうね。オレなんかより全然。甲斐より強いと思うよ。そうだなあ。中嶋(聡、オリックス二軍監督)くらいじゃないかな。あんなに強いのは」

 現役時代に強肩捕手としてならした中村武志バッテリーコーチは、加藤バズーカが甲斐キャノン以上だと断言した。実際、同じような証言をする球界関係者は少なくない。昨季、ウエスタン・リーグを“足”で席巻した阪神は、163もの盗塁を成功させたが、8連続で刺したのが加藤だった。

「遠投ですか? 高校2年のときだったかな。学校で計測したことはあったんですが、100mまでしか測れなかったんですよ。それは超えました。スピードは何度か測ったことがありますよ。今年のキャンプでもやりました。そのときは142kmでしたね」

経験の有無よりも魅力的なもの。

 100mは優に超す遠投力。ところがプロ野球の捕手はそれだけではない。大卒で入団しながら過去4年で一軍戦は5試合、無安打。昨季の二軍では61試合に出場して打率は.193。打撃に明白な課題あり。捕手としても経験値が不足しており、捕球や配球はよくいえば未知数、裏を返せば未熟ということになる。

 それでも首脳陣が加藤に白羽の矢を立てたのは、チームが変革しようとしている今、経験の有無よりも未知数という点に重きを置こうとしたからである。経験を積ませるのは首脳陣なのだ。

「このチャンスを逃したら次はない」

「足りないことなんてたくさんあるよ。今まで使ってもらえなかったことにもそれなりの理由はあるでしょう。捕手っていうのは野球で1番つまらない練習をひたすらやるポジション。でもね、完投する、完封する、チームが勝つ。そうすると世界が変わるんです。加藤にもそうなってもらいたい」

 現役時代にはまだ「愛のムチ」がまかり通っていた中村コーチは、おそらく誰よりも星野仙一監督の「愛」を注がれた選手だろう。

 昭和ではない。平成にそんなことは許されない。しかし、叱られても叱られても次の日も使ってもらえた日々があるから、今の立場もある。子どものころからナゴヤドームに通っていたという加藤は、世代的には「中日の捕手といえば谷繁さん」だろうが、「中村さんのそうした話はいろいろな人から教えていただいています」と言う。

「だから絶対に食らいついていかなきゃ。このチャンスを逃したら次はない。来年はないと思ってやっています」

 正捕手に挑めるのは最初で最後。加藤はそう思っている。学年5人の小学校から育ったヒーロー。唯一無二のストロングポイントをもつ男。キャラは立ちすぎるほど立っている。

 繰り返すが「まつさかうし」。そして甲斐は「たくや」だが、加藤は「匠馬」と書いて「たくま」と読む。シーズンが終わるころ、キャノンよりバズーカの知名度が上回っているようなら、ドラゴンズの成績もV字回復しているはずだ。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon