古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

イチローに人生を当てはめた男。ホークス上林誠知が貫く51番への愛。

Number Web のロゴ Number Web 2019/03/26 17:30 田尻耕太郎
上林誠知は3月の侍ジャパンでも背番号「51」を背負い、1試合目は1番バッター、2試合目は主軸の5番で先発出場した。 © Bungeishunju Ltd. 提供 上林誠知は3月の侍ジャパンでも背番号「51」を背負い、1試合目は1番バッター、2試合目は主軸の5番で先発出場した。

 イチロー引退の報が流れた時、福岡ではホークスの番記者たちも慌ただしく動いていた。惜別コメントが必要になるからだ。翌朝には早速、王貞治会長にカメラの前に立っていただいた。

 オリックス時代の師匠である新井宏昌二軍打撃コーチ、そして'09年の第2回WBCを共に戦った内川聖一にもマイクが向けられた。

 内川については、雑誌Number974号『イチローを見よ』の中でインタビューを担当させてもらった。

 彼がイチローを敬愛する気持ちを余すことなく語ってくれた同号のページをめくると、上原浩治、福留孝介、岩隈久志らメジャー経験者がずらりと並び、清原和博氏や張本勲氏といった球界のレジェンドも名を連ねるという豪華なラインナップだった。

 その中で筆者はもう1人の選手にもインタビューを行った。

 上林誠知である。

イチロー愛がとにかく深い男。

 この顔ぶれの中に上林か、と正直驚いた。とはいえ、おそらくイチロー愛の深さでは誰にも負けていないのではなかろうか。ホークスで、そして常連となった侍ジャパンでも「51」を背負う彼こそネクスト・イチローに一番近い男である。

 取材中には堂々と「僕はイチロー信者です」と言いきった。普段クールに決める男が熱っぽくイチロー愛を語ってくれたが、行数の関係ですべてをお伝えできなかった。その言葉のいくつかをここで紹介したい。

 野球に出合った小学生の時から強い憧れを抱いていた上林はイチローについて「自分という人間であり野球選手を作り上げてくれた人」と表現した。その思いは少年時代からで、当時のエピソードを明かしてくれた。

人生をイチローさんに当てはめて。

「僕は自分の人生を、勝手にイチローさんに当てはめていた。小学生の頃、最初はピッチャーをやっていたけど肘を壊してしまいマウンドに立つのを諦めました。中学校の3年間もずっと痛くてロクに投げられなかった。

 その頃、イチローさんの本を読んだら、あの人も高校2年生の頃だったか、交通事故に遭ってしまいピッチャーを諦めないといけなくなったと書かれていたんです。

 また、イチローさんは小柄だったことで周りから『オマエなんてプロになれるわけがない』と言われて、その反骨心でやって来たとも書いてありました。僕も『肘が痛いオマエがプロなんてなれるわけがないだろう』と周りに思われていたと思います。

 直接言われたとかではないけど、そういうのを感じていました。オマエら、見てろよ。その思いでやって来たところは似ているのかなと思っています」

「実は高校時代も背番号51を」

 そして、背番号51に関する逸話も披露してくれた。

「じつは(仙台育英)高校時代も背番号51をつけていたんです。ウチの高校は練習試合用のユニフォームでは自由に背番号を選べたんです。ただ一応、50番以内でという決まりがあったんですが、僕はどうしても『51』をつけたかったのでお願いして認めてもらっていました。

 プロ入りが決まってホークスと契約をした時、51番を提示してもらえた時は本当に嬉しかったです。最近は『自分で希望したの?』と聞かれることも多いんですが、僕はそんな立場ではなかったので。球団の方にもそのような期待をしてもらえたのは嬉しかったし、51番はやっぱり今でもモチベーションになります」

 3月21日、上林はイチローのラストプレーをヤフオクドームのウエイトトレーニング室のテレビで見つめていた。「あの人は楽勝だと思う。試合に出れば絶対打つ。スタンドに放り込むんじゃないですか」と予測をしていたが、現実は甘くなかった。

「あの年齢で……本当にすごい」

 引退の事実をどのように受け止めたのか。翌日、早出特打を終えたところを呼び止めた。

「いつも、いい意味でも期待を裏切ってきたイチローさん。50歳までやると言っていたし、東京で終わりなんじゃという説が流れていても、どうせウソだろうと思っていた。あの人の決断について僕は何も言えない。ただ、あの年齢まであの体の状態を保ってきたのは本当にすごいことだと改めて思いました」

 3月29日、プロ野球が開幕する。昨年シーズン143試合にフル出場した上林は今季も右翼手のレギュラーに最も近い位置にいる。

 しかし、オープン戦は44打数5安打、打率1割1分4厘、長打0という散々な結果に終わった。最終戦となった24日の広島戦(マツダ)はスタメンに名を連ねるも背中の張りを訴えて、2回の第1打席で代打を送られてベンチに退いた。

 首脳陣がどんなに不振でも「試合の中で復調を」との思いで起用し続けてくれていたのは分かっていただけに、「申し訳ないし、情けない」と悔いの言葉しか出てこなかった。

「過去には戻りたくないんです」

 不振の要因は様々考えられる。キャンプ中に右臀部に張りが出て一時別メニュー調整を強いられたが、復帰後も「状態は完璧じゃない」と回復しないままプレーを続けていた。そして、バッティングに関しては昨年から技術的に手を加えて今季に臨んでいる。ならば、元に戻すのも手段の1つだが、上林は胸の内を明かす。

「過去には戻りたくないんです。イチローさんも引退会見で言っていました」

 イチローの会見の以下の部分を指していた。

<一気に高みに行こうとすると今の自分の状態とギャップがありすぎてそれは続けられないと僕は考えているので、地道に進むしかない。進むだけではないですね。後退もしながら、ある時は後退しかしない時期もあると思う。でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。でもそれは正解とは限らないですよね。間違ったことを続けてしまっていることもあるんですけど、でもそうやって遠回りすることでしか、本当の自分に出会えないというか、そんな気がしている>

遠回りをして、本当の自分を。

 それを踏まえて、上林はこのように言った。

「新しいことをやった時に、それは進化ではなく後退の可能性もある。でも、過去の自分に戻るより、遠回りをしたから本当の自分が見つかるのだと思いますから」

 戦いの幕が開くまで残された時間はあとわずかだ。迷っている時間はないが、上林はこうはっきりと言った。

「練習でちゃんと打てている時は、今までの打球よりも速いし、確実に飛んでいる。それがなければ悩むかもしれないけど、僕はプラスにとらえています」

 自信はまだ失っていない。答えは、本番になれば必ず出す。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon