古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

“外れ外れ”の山田哲人、改めて評価したい澤村拓一&大野雄大の一本釣り…10年前のドラフト覚えてる?

Number Web のロゴ Number Web 2020/10/16 11:01 小関順二
履正社高校で会見を行う山田哲人。ヤクルトは斎藤佑樹、塩見貴洋と即戦力投手を立て続けに外し、将来有望の打者に切り替えた © Number Web 提供 履正社高校で会見を行う山田哲人。ヤクルトは斎藤佑樹、塩見貴洋と即戦力投手を立て続けに外し、将来有望の打者に切り替えた

10月26日、プロ野球ドラフト会議が行われる。今からちょうど10年前、2010年のドラフトは“空前の当たり年”とも呼ばれ、球界を代表する存在となった選手たちがプロ野球の世界に足を踏み入れた年でもあった。改めて各球団の指名を振り返りたい。(全2回のセ・リーグ編/パ・リーグ編に続く)

※以下、当時の指名順。成績のデータは全て10月14日現在のもの

須田、加賀美は現在も社会人で奮闘中

◇2010年横浜指名一覧◇

× 大石達也(早稲田大学・投手)

1位 須田幸太(JFE東日本・投手)

2位 加賀美希昇(法政大・投手)

3位 荒波翔(トヨタ自動車・外野手)

4位 小林寛(大阪学院大・投手)

5位 大原慎司(TDK・投手)

6位 福山博之(大阪商業大・投手)

7位 大原淳也(四国九州IL香川 ・内野手)

8位 つる岡賢二郎(四国九州IL愛媛・捕手)

※「つる」は「雨かんむり」に「隹」と「鳥」

育成1位 松下一郎(関西外国語大・捕手)

 私が考える成功選手の基準「投手・通算50勝、300試合登板/野手・500安打、1000試合出場」に達したのは楽天に移籍後、リリーフとして活躍している6位福山だけ。ベイスターズに所属したのは2011、12年の2年間だけだが、13年に移籍した楽天では14年から17年までの4年間で毎年65試合以上登板する鉄腕ぶりを発揮。防御率も1~2点台と安定していた。

 ちなみにベイスターズから楽天に移籍して成功した選手は福山だけではない。04年の4巡・藤田一也はDeNA時代は無冠だったのが、楽天移籍後はベストナイン2回、ゴールデングラブ賞を3回獲得。02~15年までAクラスが1回だけという暗黒時代にいた横浜(現DeNA)の低調ぶりはドラフトにも現れていたとも言えるだろう。

 ただ興味深いのは、上位指名選手たちのDeNA退団後の活躍だ。

 1位須田は社会人の古巣・JFE東日本へ。19年都市対抗で最優秀投手に与えられる橋戸賞を受賞、同年に社会人のベストナインにも選出された。JR西日本へ活躍の場を求めた2位加賀美は16年日本選手権2回戦、JR東日本東北戦でノーヒットノーランを演じている。2人とも依然として現役選手としてマウンドに立っていることはうれしい限りだ。ちなみに3位荒波はメキシカンリーグなどを経て、現役引退後は神奈川フューチャードリームスのアドバイザーなどを務めている。

広島は早稲田トリオの福井を獲得

◇2010年広島指名一覧◇ 

× 大石達也(早稲田大・投手)

1位 福井優也(早稲田大・投手)

2位 中村恭平(富士大・投手)

3位 岩見優輝(大阪ガス・投手)

4位 金丸将也(東海理化・投手)

5位 磯村嘉孝(中京大中京高・捕手)

6位 中崎翔太(日南学園高・投手)

7位 弦本悠希(四国九州IL徳島・投手)

育成1位 山野恭介(明豊高・投手)

育成2位 池ノ内亮介(中京学院大・投手)

 大石達也を抽選で外した広島は、同じ早稲田大の投手・福井を指名した。チームメイトでもスター選手だった斎藤佑樹や大石と異なり、済美高校3年時に巨人のドラフト4位指名を拒否して、1年浪人して早大入りした福井には苦労人の印象がつきまとう。1年目の11年にはすべて先発で27試合に登板、8勝10敗、防御率4.12。ルーキーイヤーから期待に応えたと言っていい。15年にキャリアハイとなる9勝6敗を挙げ、19年に楽天に移籍している。

カープ3連覇に貢献したクローザー

 初年度から活躍した福井の一方で、2位中村はプロ9年目の19年に43試合にリリーフ登板した遅咲きである。球は速いがコントロールに難があり、三振も思うように取れなかったのが、この年はイニング以上の三振を取り、与四死球率4以下と安定感も増した。

 中村以上に戦力になったのが6位中崎だ。兄の雄太は08年の西武1位。それにくらべるとほぼ無名で、名鑑などの紹介欄ではまず雄太のことから始まるのが常だった。しかし、15年に指揮官が緒方孝市監督に替わると前年の32試合から69試合に登板数が激増、役割もシーズン途中に中継ぎから抑えに変わった。中崎にとっての分岐点であると同時に、翌16年からリーグ3連覇する広島にとっても大きなターニングポイントだった。

ヤクルト大当たりの外れ外れ1位

◇2010年ヤクルト指名一覧◇ 

×斎藤佑樹(早稲田大・投手)

××塩見貴洋(八戸大・投手)

1位 山田哲人(履正社高・内野手)

2位 七條祐樹(伯和ビクトリーズ・投手)

3位 西田明央(北照高・捕手)

4位 又野知弥(北照高・外野手)

5位 久古健太郎(日本製紙石巻・投手)

6位 川崎成晃(熊本ゴールデンラークス・外野手)

育成1位 北野洸貴(神奈川大・外野手)

育成2位 上野啓輔(四国九州IL香川・投手)

育成3位 佐藤貴規(仙台育英高・外野手)

 1位で入札した斎藤(日ハム)、塩見貴洋(楽天)の抽選を外して獲得したのが山田だ。3年夏の甲子園大会で圧倒的な存在感を見せた選手だけに“外れ外れ1位”は驚きだが、この年の高校生1位は山田を含めて3人だけ。まだまだ多くのプロの目は「即戦力」に向かっていたということだろう。

 プロ2年目の12年、山田は早くも26試合に出場。13年には94試合に出場して99安打を放ち、打率.283という好成績を残している。このときまでは「将来の大型1番打者」くらいの見方をしていたが14年に143試合に出場して打率.324、本塁打29、打点89、盗塁15を挙げ、球界を代表する強打者として認識されていく。

 15、16、18年には打率3割、本塁打30、盗塁30のいわゆる「トリプルスリー」を達成。ソフトバンク柳田悠岐とともに球界の理想形を体現。外れ外れが大当たりだったと語り草にされている。

今季キャリアハイの予感漂う西田

 2位以下は前年から続く大学卒・社会人出身の即戦力主体の指名になるが、5位久古の228試合登板が光るだけで、私が目安にする成功選手の基準には達していない。山田以外の現役は3位西田だけ。今季は先発マスクをかぶることも多く、このままのペースでいけばキャリアハイのシーズンになるかもしれない。

11年に新人王を獲得した澤村

◇2010年巨人指名一覧◇

1位 澤村拓一(中央大・投手)

2位 宮國椋丞(糸満高・投手)

3位 田中太一(大分工高・投手)

4位 小山雄輝(天理大・投手)

育成1位 和田凌太(広島工高・内野手)

育成2位 岸敬祐(四国九州IL愛媛・投手)

育成3位 福泉敬大(関西独立L神戸・投手)

育成4位 荻野貴幸(愛知工大・内野手)

育成5位 財前貴男(エイデン愛工大OB BLITZ・内野手)

育成6位 成瀬功亮(旭川実業高・投手)

育成7位 川口寛人(西多摩クラブ・内野手)

育成8位 丸毛謙一(大阪経済大・外野手)

 巨人に1位指名された澤村はこれまで新人王(11年)、最多セーブ(16年)を獲得し、通算登板は343試合に達し、48勝51敗75セーブ59ホールド、防御率2.77。この年の投手としてはソフトバンク育成4位から這い上がった千賀滉大や中日・大野雄大らに匹敵する成功選手に挙げられるだろう。

 18年から成績が下降線を描き、今季途中にロッテにトレードされたが、コンスタントに155キロ以上を計測する豪速球にフォークボールを交えたパワーピッチングは力勝負のパ・リーグ野球にもマッチし、抑えにつなぐ中継ぎとして復活した。

 またパ・リーグ編でも多くを触れるが、この年は広島1位福井優也(→楽天)、阪神1位榎田大樹(→西武)、楽天2位美馬学(→ロッテ)、横浜6位福山博之(→楽天)など、他球団で大成した選手が多いのがこの年の特徴でもある。

2位宮國も計算できる投手に

 2位宮國は13年に開幕投手に抜擢され、シーズン成績は前年に続く6勝(7敗)を挙げ次期エースの期待がかかったが、14年以降成績が伸び悩み、ここ3年は勝ち星に恵まれていない。一方で入団2年目の12年から毎シーズン、一軍登板を重ねているなど、戦力としては計算できる投手へと成長している。

 3位田中は退団後、社会人の強豪、セガサミーに入社し、現在も主戦級として投げている。4位小山は14年の6勝2敗がキャリアハイ。17年に楽天へトレードされ、18年限りで現役を退いて、現在は巨人の球団職員として古巣へ貢献している。

先発転向で輝く榎田、奮起待たれる中谷

◇2010年阪神指名一覧◇

1位 榎田大樹(東京ガス・投手)

2位 一二三慎太(東海大相模高・投手)

3位 中谷将大(福岡工大城東高・捕手)

4位 岩本輝(南陽工高・投手)

5位 荒木郁也(明治大・内野手)

育成1位 阪口哲也(市和歌山高・内野手)

育成2位 島本浩也(福知山成美高・投手)

育成3位 穴田真規(箕面東高・内野手)

 1位榎田は1、2年目にリリーフとして合計110試合に登板し、中継ぎとして活躍した。3年目は先発に転じ4勝9敗の成績を残すが、4年目に再びリリーフ登板が多くなり、阪神最後のシーズンとなる17年まで4年間で3勝2敗という低空飛行を余儀なくされた。18年に西武に移籍すると先発に転じ、キャリアハイとなる11勝4敗の好成績を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献。起用法次第ではまだ十分働けることを実証した。

 野手で最も活躍したのは3位の中谷だ。阪神の慢性的な課題“長打力不足”を解消するスラッガー候補として入団し、17年には99安打、20本塁打を残したが、榎田同様、プチブレーク翌年以降、出場試合数が激減している。私が野手の成功選手の目安にする「通算500安打」にはまだ半分にも達していない。今後の奮起が期待される。

二刀流で話題をあつめた一二三

 2位の一二三は二刀流としてスカウトから大きな注目を集めていた。投手としては高2年秋までが上手、3年春以降が横手の投球フォームだった。選択肢の広さは強みである半面、迷いを生んだのかもしれない。4位岩本はすでに現役を退き、5位荒木は現在もプレーを続けるが、大きな足跡を残しているとは言い難い。

英断として評価できる大野の一本釣り

◇2010年中日指名一覧◇ 

1位 大野雄大(佛教大・投手)

2位 吉川大幾(PL学園高・内野手)

3位 武藤祐太(ホンダ・投手)

4位 森越祐人(名城大・内野手)

5位 関啓扶(菰野高・投手)

 大石達也、斎藤佑樹に競合する中、中日は単独で大野を1位指名した。巨人の澤村同様に、セの投手では一本釣りに成功した2人が好成績を残している。東京六大学リーグの花形選手として注目を集めた大石、斎藤にライバル意識をたぎらせたのが大野と澤村だ。プロとして何が必要か、2人の活躍は無言のうちにも多くのことを語っていると思う。

 大野は大学4年秋のリーグ戦は肩痛のため登板せず、プロ1年目も1試合の登板に終わり、0勝1敗。持ち味を発揮したのは2年目以降だった。13~15年は2ケタ勝利、16年以降は1ケタ勝利が続くが、19年は防御率2.58で初タイトルに輝いた。今季の存在感は言うまでもない。

地元指名は多いものの……

 2位吉川はプロ4年目の14年オフに戦力外通告を受けた。この年は一軍戦に16試合出場しているので「なぜ?」と思わずにいられない。練習態度で監督の逆鱗に触れた……など、さまざまな憶測を呼んだが、巨人に移籍して以降は守備要員、代走など貴重なバイプレーヤーとして重宝されている。

 4~5位は中日のお家芸とも言える東海勢の地元指名。ソフトバンクの九州勢指名にくらべると成功した選手が少ないのが気にかかる。

【続き】ドラフト史に語り継がれるソフトバンクの伝説指名 へ

【写真】つば九郎とタッチする山田哲人&まだ細かった澤村、侍ジャパン大野の雄たけび(全11枚)へ

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon