古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

館山昌平「野球は遊びの延長だった」小中学生の怪我のリスクを考える。

Number Web のロゴ Number Web 2019/12/20 08:00 谷川良介
小中学生の指導者への新たな評価基準となる「ベストコーチングアワード」。第1回となる今年度は全国41チームの野球チームが表彰された。 © Number Web 提供 小中学生の指導者への新たな評価基準となる「ベストコーチングアワード」。第1回となる今年度は全国41チームの野球チームが表彰された。

 野球界に新たな指標が設けられた。

 子どもたちの将来を見据えた指導、育成を推奨するスポーツメディカルコンプライアンス協会(SMCA)が主催した「エニタイムフィットネスPresents ベストコーチングアワード2019」の表彰式が行われた。

 同賞はSMCAが指導者を対象に設けた評価基準をもとに、最新の指導方法や怪我防止の取り組みを行なうチームを表彰する新しい試みだ。「エントリーしたすべてのチームに当事者意識を持ってもらうため」(SMCA代表・中野司)とあえて最優秀賞などは設けず、3段階で査定。筒香嘉智らを輩出した堺ビッグボーイズ(大阪)など全国41チームが表彰された。また、特別功労賞には子どもたちの障害予防と育成を目指し、独自の球数ルールなどを設ける「SUPER PONY ACTION 2020」を制定した一般社団法人日本ポニーベースボール協会(理事長・広澤克実)が選出された。

 今後は野球に留まらず、多くの競技においてメディカル、コンプライアンスの知識を普及していく。

小学生の約半数が肘痛を経験。

 この日、もっとも注目を集めたのは、慶友整形外科病院スポーツ医学センター長の古島弘三医師の講演だった。古島医師はプロアマ問わずスポーツ障害に広く精通しており、彼のもとを訪れた多くの学生たちの事例や手術映像を使いながら、過度な投げ込み、長時間練習など古い慣習に囚われる育成年代の指導体質に警鐘を鳴らした。

 そこでは、小学生年代での由々しきデータが提示された。

 トミー・ジョン手術(内側側副靱帯再建術)の権威でもある古島医師が示した1つに、小学校の甲子園とも呼ばれる「マクドナルド・トーナメント」でのデータがある。出場した小学6年生のうち約半数近くが肘痛を経験、およそ3割が既に病院での治療を受けていると答えたのだという。

 またこの世代のトップが集結する侍ジャパンU-12でさえも、内側靭帯に障害をもつ選手は全体の67%に及ぶ。肘の外側の軟骨が剥がれてしまうOCD(上腕骨小頭離断性骨軟骨炎)の数字こそ低かったが、OCDになった子の多くはU-12に選ばれていないのが実情だ。OCDは発症時に痛みを感じ難く、そのまま進行すれば手術に至る場合も多く、競技に支障をきたすのはもちろん、日常生活にまで影響を及ぼす可能性もあるという。

学童期の怪我が大きなリスクに。

 さらに甲子園常連校の数字を見ると、学童期に肘痛を経験していない高校生の肘痛発症率は10%程度に留まったのに対し、小中学生時に肘痛を経験している高校生の再発症率は46%にまで達した。つまり、学童期で発症した障害がその後の怪我に大きく影響することがわかった。

「ジュニア期の育成は難しい。故障はゼロにならないが、怪我をせずにどうやってうまくなるかを考えることがこれからの指導者に求められる。プレーヤーズファースト、スポーツパーソンシップを改めて見直すことが大切だと考えます」(古島医師)

 勝ちたい、うまくなりたいと願う少年少女たちは、時にリミッターを外してしまうことも多く、後になって痛みを訴えることがほとんど。いち早く痛みを察知するコミュニケーション、リカバリータイムの大切さを説いた。

ヤクルト近藤「もっと早く気付いていれば」

 今回の授賞式には古島医師らのような専門家とともに、現役・OBのプロ野球関係者たちも参加。それぞれの経験をもとに、学童野球へアドバイスを送ったのも印象的だった。

 過去に肘を4度手術した経験を持つヤクルト・近藤一樹投手は、リスク管理の重要性を語る。

「学童の時代に離断性骨軟骨炎を発症しまして、それを気づかずやっていたのが原因。プロ入り後の2011年に初めて肘が悪いんだなと気づいた。もうちょっと早くから怪我の知識を持っていれば、4度も手術しなくとも復活できたのかもしれない」

 小学生の野球教室に参加する解説者・野村弘樹氏も「子どもたちの保護、練習や指導方法など、チームによってカラーがまったく違う。まずは指導者に(現状を)理解してもらう必要がある。何事も“過ぎない”ことが大事」とコメントした。聞けば、自身の息子も中学2年時に離脱性骨軟骨炎を発症し、手術を行ったのだという。だからこそ、学童期の指導について「リスクはまざまざと感じている」とも話していた。

手術10度を経験した館山コーチ。

 そして人一倍、自分の身体をケアすることの重要性を知る人物が、館山昌平だ。今季限りで17年間の現役生活に別れを告げ、来季から楽天二軍投手コーチとして後進の指導に当たる。

 ヤクルトひと筋を貫いたプロ野球人生は怪我との戦いでもあった。大学時代から数えると体にメスを入れたのは計10度、そのうちトミー・ジョン手術は3度を数える。そのほとんどの執刀医は古島医師が務めたという。

「自分の場合は学童野球の時に怪我をしたわけではないんです。プロの世界に入ってから、より速い球を投げる、相手を抑えるための投球を求めた結果。古島先生のデータでいえば、約10%のタイプですね。(学生時代に怪我をしていなくても)次のステージで怪我をすることもある。自分は経験があるので(リスクを)知ってますけど、子どもたち自身も周囲も骨の状態まで知っている人は少ない。指導者として勉強することも多いですが、こういった知見を広めることも大切だと思っています」

 さらに館山は、異変を感じたときの対応が怪我を大きくする分かれ目だと訴えた。指導者は判断力が備わっていない子どもたちの体格差を理解することも大切だ。

「『(骨端線が)もうなくなっちゃったね』と言われたのは32歳のとき。伸び続けていた身長が182cmで止まり、スピードもそこから落ちました。自分の身体に関して言えば、それまでは成長する、スピードが速くなる可能性があったということ。一般的に小中学生の骨年齢の差はプラスマイナス2歳と言われていますが、それ以上に差がある子もいますし、そもそも違いがあること自体知られてないケースも多い。

 体の外側だけでなく、古島先生はさらに深く骨まで見ているので、情報をいっぱい持っています。まずは何かあったらすぐドクターに自分の口で相談する。アドバイスをもらったらそれをしっかり守る。それが一番、怪我を最小限に抑えるコツなんじゃないかと思います」

「すべて遊びの延長だった」

 こういった考え方は、館山が「いい指導者に恵まれてきた」からこそ生まれるものだろう。引退した今も感謝の思いは消えない。

「文武両道を掲げていた日大藤沢高校は練習時間が短かったですし、部員100人全員で練習していたので1人でやる練習も少なかった。ベンチ入りメンバーだけで練習したのは大会前の3週間ぐらいだけ。その分、練習後や試合後は自然とリカバリーする時間もあった。先輩の山本昌さんもそうですが、長く活躍されているのを見ると、そういったサイクルは身についたのかなと思います。

 小学校時代は自分たちでサインを作っていたりと、すべて遊びの延長だった。グラウンドをいくらでも使ってよかったし、壁当てもいくらでもやってよかった。怪我をするほど追い込むことはなかったですね」

 練習時間やコーチング云々の前に、“スポーツを楽しむこと”に重きを置くことが重要なのではと話した。

ドクター、PT目線の発信も。

「僕らの時代は6コマの連続写真を見ていましたが、いまは検索すればスーパースロー映像が出てくる。そうやって自分でどんどん勉強できる環境になった。情報量が多い分、技術の成熟がすごく早いんですよ。少年野球もみんなうまいですし。でも、同時にそれだけ怪我のリスクも増えているということ。ドクター目線やPT(理学療法士)目線の情報を発信することも大切だと思います」(館山)

 高校野球でもタイブレークが導入されて久しく、センバツ大会を含む来春から「1週間500球」と球数に制限を設けることが決まった。課題は多いが、着実に変化は起きている。

 子どもたちが安心して野球を、スポーツを楽しめる環境――。医学的な視点とアスリートの視点による発信、そしてこういったアワードをきっかけに、彼らの活動が多くの人に伝わることを願いたい。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon