古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

クロップ、ダービードロー決着に「就任以降最高のアウェイゲーム」決勝点取り消しの判定にも言及

Goal のロゴ Goal 2020/10/18 11:00

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、ドローに終わったエヴァートン戦を振り返った。

17日に行われたプレミアリーグ第5節で、リヴァプールは敵地でエヴァートンと対戦。シーソーゲームとなった“マージーサイドダービー”は、2-2で迎えた終了間際にまたしても微妙なオフサイドの判定からジョーダン・ヘンダーソンの決勝点が取り消され、2-2の痛み分けで試合は終わった。

ヴィルヒル・ファン・ダイクの負傷交代やビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定など、不運に見舞われたリヴァプール。クロップ監督は試合後に『BTスポーツ』で「パフォーマンスは最高だった。良い2チームによる最高の試合だった」と振り返り、チームを称賛した。

「自信みなぎるチーム相手に我々は試合を支配した。おそらく私がリヴァプールに来て以降、最高のアウェイゲームだった。本当に良いパフォーマンスを見ることができた。もちろん勝てていればさらにハッピーだった」

また、相手守護神のジョーダン・ピックフォードと激突したファン・ダイクについて「まだ見返してはいないが、ピックフォードが彼を試合から追いやった」と話し、ヘンダーソンの決勝点を取り消した際どいオフサイドの判定についても口を開いた。

「大きなオフサイドでなかったことは確かだ。まだあの場面を見返していないが、私にはオフサイドではなかったように見えた。しかし、あれは誰かしらが下したオフサイドの判定だ」

目標関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon