古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

トルシエ、カタール戦の森保Jを嘆く。「優しさに満ちて無味無臭だった」

Number Web のロゴ Number Web 2019/02/05 11:30 田村修一
オーバーヘッドによる先制点を決めたカタール代表のFWアルモエズ・アリ。トルシエをして「別世界のシュート」と言わしめた。 © photograph by Takuya Sugiyama オーバーヘッドによる先制点を決めたカタール代表のFWアルモエズ・アリ。トルシエをして「別世界のシュート」と言わしめた。

 負けたからこそ語るべき点も多かった日本対カタールのアジアカップ決勝。両国で代表監督の経験があるフィリップ・トルシエは試合から何を感じたのか。トルシエに聞いた。

――元気ですか?

「ああ、試合は見た」

――厳しかったです。

「これこそがサッカーだ。感じたのはカタールの競争力(コンペティティビティ)だ。日本は自分たちのサッカーにこだわった。組織にしてもまるで教科書的だった。頑なまでに教科書的に自分たちのやり方にこだわりすぎて、求められる競争力のレベルについに到達しなかった。

 闘争心を示したのはカタールだった。

 彼らは能力的には劣り、コレクティブな面でも日本ほどではない。しかし彼らにはサッカーの別の面を感じた。競争力の強さだ。

 競争力は人間的な側面が強い。その点で日本はメカニカルだった。コレクティブでもあったが、結果を覆すだけの人間としての戦いが希薄だった」

――その通りでした。

「当然ながら日本は勝利を期待されて試合に臨んだ。十分に準備も整え、選手たちはこの試合を戦うことが難しいとは、精神的に感じてはいなかっただろう。試合のスタートが何も起こらず静かだったのもそれが理由だ。

 カタールはその状況を利用して何度もチャンスを作った。

 結果として先制点と2点目が生まれた。

 対して日本は自分たちの全ての能力を発揮したわけでもなかったし、最初の失点も何かをしくじったわけではなかった。あのカタールの先制点は何百回打っても一度入るかどうかの素晴らしいシュートだったのだから。

 2点目はたしかにディフェンスが受身で、相手を自由にしてシュートを打たせてはいるが……。

 それが最初の30分間の出来事だった」

身動きが取れなくなっている。

「日本の守備が整っていないのは明らかだった。

 日本は自ら墓穴を掘った。

 試合の入り方を間違えたうえに、相手の得点に衝撃を受けた。カタールはその状況を最大限に生かした。

 日本は普段の力以下だったが、失点の後はサッカーそれ自体も急ぎ過ぎるあまり正確性を欠いた。同点に追いつきたい気持ちが強すぎて、コレクティブにゲームを支配しながら相手の守備を破壊する力を欠いた。不正確なミスが多くゴール前での重さと迫力を欠いていた。得点を挙げるには何かが欠けていた。

 私たちが目撃したのは……自身の戦術コンセプトやプレー哲学の中にずっと留まっていて、先制されても身動きが取れなくなっている日本だった。

 コンセプトの殻を破った日本を見ることはできなかった。だからこそ日本はもっと努力しなければならない。

 日本が理想的なチームを見いだしたのは間違いないし、コレクティブなコンセプトを見いだしたのも間違いない。しかしもっと本質的で人間的な側面、個人の能力の側面ではまだまだ低いところにいると言わざるを得ない。

 ただ、この敗北は、日本が覚醒する契機になり得る。

 この種の大会で優勝するためには、人間的側面が絶対的に必要であることに日本が気づいたかも知れないからだ。

 この日の日本は優しさに満ちていてちょっと『無味無臭』だった。必要最低限のことしかせずに、ここまでの試合はそれでも勝てたが、決勝はそれでは十分ではなかった。カタールを相手にしたときに、驚き、罠に嵌ったうえに、臨機応変な対応もできなかった。

 これは『理不尽な敗北』ではない。カタールが大きく進歩した姿を示しただけで、順当な結果だ。

 カタールが7戦無敗で大会を制したことを、もっと強調すべきだ。

 決して運だけで勝ちあがったのではない。彼らは十分に力を見せつけた。そこはしっかりと留意すべきだ。

 次期ワールドカップ開催国のカタールにとっては素晴らしい出来事だ。無敗のうえに決勝で日本を破っての優勝は大きな価値がある。

 日本にとってはまだまだやることがたくさんあることを気づかせる敗北だった。とりわけ攻撃に関してはパーソナリティーとディターミネーション(決意、揺るぎない覚悟など)、個の強さと競争力が……ペナルティエリアのすぐ外と、その中で必要だった。日本はすでにこの大会で、そこでの効率とゴール前での存在感の欠如を露呈している。日本はゴール前で危険ではない」

フィジカルな戦いで勝つことが必要だった。

――試合開始からカタールが運動能力、アグレッシビティ、スピードなどで日本を上回ったのは驚きでしたか?

「それこそ私が言ったことで、競争力のなせること、だ。日本はなるべく戦いを避けてボールを回すコンセプトに固執した。しかも、ゴール前で存在感を示すためには相手との接触は不可避だが、積極的に接触しようともしなかった。

 例えば吉田が与えたPKは戦いの結果だった。

 空中戦で最初にボールに触れたのがカタールの選手だから生じたハンドだった。逆ならクリアして終わりだ。

 日本はフィジカルな戦いで勝つことが必要だった。

 日本にとってフィジカルという要素は、チームの根本的な戦略にはない要素かもしれない。日本はそもそも戦いを避けるチームであり、それは戦略としては適切だと私も思うが、どうしても得点をあげなければならない、という局面にはフィジカルを前面に出さねばならない場面もある。

 カタールの先制点の場面で、カタールのFWはゴールに背を向けていた。吉田がマークにつき、ディフェンスラインも揃っていたが、それでも彼はボールをキープし、リフティングをし、シュートに至るまでの方法を強引に見いだした。

 これはコレクティブなプレーではない。

 真に人間的な動作であり、完全に個人的なプレーだ!

 今日の日本はフィジカルとディターミネーションに関して十分ではなかったことを露呈した。だから日本の攻撃は個の部分ではあまり危険ではなかったというわけだ」

――そうした側面での弱さを、今後は改善していかねばならないわけですね。

「そうだ。日本のサッカーは組織的なプレーで流れるようではあるが、競争力や状況を打開する力強さは感じられなかった。強引なほどに状況を打開する日本の姿は遂に見られず、その部分ではニュートラルであり、試合の最初から最後まで無味無臭だった。

 個の力を強く発揮しようとしないのは日本の大きな問題だ。

 これは、そもそも選手のパーソナリティーや日本の文化に結びついている問題でもある。

 選手個人というよりも日本の文化の問題だ。

 日本人はコレクティビティと強い親和性がある。その親和性で80%の試合は勝つことができる。これもまた事実だ。しかしそれが一旦不可能な事態にいたったときには親和性をかなぐり捨てて戦わねばならないはずなのだが……日本はあくまでコレクティビティにこだわった。コレクティブな戦術コンセプトをあくまで維持したが、今日は、勝つためには、それでは不十分だった、ということだ」

カタールの先制点は別世界。

――しかしイラン戦では戦いや競争力でも日本は存在感を示しました。今日それができなかったのは、心理面での準備が十分でなかったのか、相手を少し軽く見たのか……。

「日本は大きな自信を持ってこの試合に臨み、自信に溢れて試合をスタートした。もちろん準備も入念でぬかりはなかったハズだ。

 ただ、カタールはイランではない。別の相手だ。

 カタールは攻撃的な哲学のもとに、一気に試合に入っていった。ボールを保持できる、自分たちの戦い方ができると強く信じて、だ。

 一方の日本にとって、カタールは心理的にも技術面でも大きな障害ではなかったのではないか。

 運にも恵まれなかった。最初のゴールは別世界の出来事だ。ディフェンダーは4人揃ってゴールを固め、振り向かせるスペースを与えてはいないのだから。

 その状況であのゴールが生まれた。

 まさに別世界だ。

 日本には何のミスもないゴールであったとさえ言える。

 しかしサッカーでは、ときにこうしたゴールが生まれるものだ。

 それがカタールの状況を打開し、流れを変え、その後、彼らに再びチャンスが生まれることとなった。それは日本が受け身になったことで生じたチャンスだった。

 自由にボールを支配させ、ドリブルさせてパスを通されシュートもほぼノーマークだった。信じられないほどの受身の守備が蓄積した結果生じたゴールだった。守備において積極性を欠いたのは、それでも得点には至らないだろうという、思いがあったからだろう。

 だがそれでも試合は60分以上残っていた。追いつく可能性は十分にあったのに、ずっと同じ戦術コンセプトで戦い続けた。

 別の戦い方をすれば別の試合になっていた。追いつくためのあらゆる術を持っていたのに……テンポを強めずコレクティブな戦いに終始し……より強い競争力の追加や、個の働きかけは、ずっと不十分だった。

 どうしてか?

 それは日本にはそれができるタイプの選手がいないからだ。そこに問題がある」

日本に「規格外の選手」はいるか?

――試合後に森保監督は、戦術的なミスマッチが守備の混乱の原因だったと言っています。それを個人で修正できる選手がいなかったわけです。

「その通りだ。できる選手、個性のある選手がいなかった。強いパーソナリティーの選手も、試合の展開に1人で違いを作り出せる規格外の選手も日本にはいない」

――しかし日本中を探してもそんな選手は見つからないようにも思いますが。

「もちろんそんな選手は存在する! しかし日本の伝統的なコンテクストでは……忘れてならないのは、森保監督は日本という国の価値観を代弁していることだ。

 私には日本人の友人がいて、彼らはフランスにいるときにはフランス的な態度で日常を過ごしている。しかし日本に帰ると、良くはわからないが彼らの態度は100%日本人になる。日本人の鋳型の中に入り込む。

 それと同じことだと私は思っている。

 ヨーロッパでプレーする日本人が、帰国して日本の環境の中に入ると日本の価値観を再度身に纏う。

 鋳型から出ることをヨーロッパでは求められるが、日本では自分たちの価値観の虜になっている。そこに問題があると私は思う。

 日本でも個人主義の選手を見いだせる。その選手のための環境を整えて、力を発揮させる状況を作り出す必要があるが、森保監督にはそれは難しいだろう。

 何故なら彼は日本的な価値観とシステムの体現者であるからだ。

 だから日本にも個人主義の選手はもちろん存在するが、日本の枠組みの中でその選手が自分を表現することは難しい。別の自由を彼らに与えられるのは外国人監督だけだろう。それが私が個人的に経験したことからの考察だ。

 その全体的な状況が変わらない限りは……ずっと日本のストライカーはコレクティブにしか得点ができず、個人の力で強引には点を取れない。これがアジアカップを通しての考察の結論だ。

 日本人はがっかりしてるか?」

森保監督の批判は誰にもできない。

――それはそうです。

「だが今の日本代表チームは、それでも契約条件を満たしたと思うが。

 決勝に進んだ森保監督を批判することは誰にもできないはずだ。彼はチームを構築し、まだまだ仕事はあるとはいえ、ここまで素晴らしいパフォーマンスを発揮したのは間違いないのだから。

 カタールに負けたのは異論の余地がなく……ちょっとフランス対ポルトガルのEURO2016決勝に似ていた。敗北にフラストレーションが溜まったのも」

――私はむしろフランス対クロアチアのワールドカップ決勝になるかと予想していたのですが、フランス対ポルトガルになってしまいました。

「フランスにとって苦い敗北だったが、それが2年後のワールドカップ優勝に繋がった」

――日本もフランスのようになるといいです。メルシー、フィリップ。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon