古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

バイエルン副監督クローゼ「ラツィオとの違いは明らかに。レヴァは本当に弱点が少ない」

Goal のロゴ Goal 2021/02/23 21:00

バイエルン・ミュンヘンのアシスタントコーチを務める元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ氏が、22日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、古巣ラツィオとの対戦へ向けて語った。

23日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝ラウンド1回戦のファーストレグ、ラツィオvsバイエルンが控えるなか、現役時代に両チームで活躍した経験を持つクローゼ氏がイタリア紙のインタビューで口を開き、自身の見解を示した。かつてラツィオで2011年から2016年にかけて5年間プレーし、通算63ゴールをマークした元ドイツ代表FWは、シモーネ・インザーギ率いる古巣についてこのように分析している。

「(チーロ)インモービレ、ルイス・アルベルト、それに(ホアキン)コレアも良いプレーをする。それから(セルゲイ)ミリンコヴィッチ(サヴィッチ)は両足が使える上、ボールをキープするのが上手く、良いシュートも持っている。ラツィオは危険な武器をいくつも持っていると思う。しかし明確にしておきたい。バイエルンが適切な形でピッチに入ることができれば、ラツィオとの違いは明らかに見えるだろう」

バイエルンとラツィオの対戦においては、昨シーズンにヨーロッパ・ゴールデンシューを競い合った両チームのエース、FWロベルト・レヴァンドフスキとインモービレの対決にも注目が集まる。

「レヴァンドフスキは絶対的なトッププレーヤーだ。すでに以前から彼のことは非常に高く評価していた。しかし、彼を指導する立場に回って毎日の練習を見て思うが、彼には本当に弱点が少ない。ロベルトは両足が使えるし、ヘディングも強い。さらに状況理解力に加えてスピードもある。インモービレも非常に上手い選手だよ。チャンスを作り出し、縦への攻撃ができるし、良いシュートもある。しかし私の考えでは、レヴァンドフスキの方が彼を上回る何かを持っている」

目標関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon