古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

鎌田大地が4部クラブとのテストマッチでゴール…フランクフルト新監督も大勝に満足

Goal のロゴ Goal 2021/07/21 16:46

フランクフルトが20日、ドイツ4部FCギーセンとテストマッチを行って勝利を収めた。

試合は2-1で前半を終えると、後半はメンバーを総入れ替え。長谷部誠、鎌田大地、フィリップ・コスティッチといった主力が投入された。

3-1とリードを広げると、76分にも鎌田にゴールが生まれる。右サイドからアイメン・バルコクの速いクロスに鎌田が合わせ、4-1とする。その後、コスティッチらもゴールを挙げて6-1と大勝を収めた。なお、ギーセンは武原龍之介が途中出場し、日本人対決も実現している。

試合後、フランクフルトのオリヴァー・グラスナー監督は「非常に満足している」と大勝に喜びを示した。

「攻撃陣のほとんどが得点したのは偶然ではありません。我々は非常に多彩で、ハーフタイム後の10分間を除いては、守備もしっかりしていた。私にとって重要なのは、攻撃陣が創造性を発揮し、ボールを失ったときに素早く切り替えることだった」

目標関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon