古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

錦織圭は決勝8連敗でも勝負強い?ランク急上昇の謎をデータで究明。

Number Web のロゴ Number Web 2018/10/17 11:20 今田望未
マスターズ制覇をあと一歩で逃している錦織だが、気づけばトップ10間近。やはり世界的な実力者なのだ。 © photograph by Hiromasa Mano マスターズ制覇をあと一歩で逃している錦織だが、気づけばトップ10間近。やはり世界的な実力者なのだ。

 つい8カ月前、錦織圭は闇の中にいた。

 下部ツアーのチャレンジャー大会で初戦敗退。翌週の同じくチャレンジャー大会、痛めた手首の状態を確かめながら手探り状態で優勝した。そんな錦織を見て、もうランキングトップ10に戻ることはないのではという声も上がった。

 それから8カ月、マスターズ準優勝、全米オープンベスト4を経て錦織は今週11位。トップ10に戻ることが決定的となった。

 それだけではなく、約1カ月遅れでシーズンをスタートしていながら、ツアー最終戦出場を懸けて残り2大会を戦うことになった。日曜日の上海マスターズでも圧倒的な力を見せて優勝したノバク・ジョコビッチ(セルビア)の陰に隠れがちだが、1年経たずに見事なカムバックを果たした錦織も異常なペースでランキングを戻しているのだ。

 では、トップ10復帰を象徴する試合データは現れたのだろうか? 調べてみると意外な結果が浮かび上がった。

芝でサービスエース向上の数字。

 今シーズンの錦織は、サーブフォームの改造に着手した。負担のかかりにくいフォームにすることで手首のけがの再発を防げるよう、ウィークポイントであるサーブにメスを入れた。

 効果は表れ、芝コートのシーズンではキャリア最多となる53本のサービスエースを放った。試合を見ていても、追い込まれたポイント状況の中、サーブ1本で切り抜けるシーンが多いように感じる。

 こう振り返ってみるとポイント獲得率の上昇も見られそうなものだが、実はそうではない。

注目すべきはタイブレーク。

 今シーズンのサービスゲームのキープ率は81%。大不振だった2017年も同じく81%だった。

 サーブがよくないならリターンがよかったのか、と考えてしまうが、今シーズンのリターンゲームのブレーク率は25%。これはなんと2012年以降で最低タイの数字だ。トップ20になんとか入っていた時の数字よりも低い。

 テニスにはサービスゲームとリターンゲームしかないのに、それでは一体どうやって勝っているのだろうか? 実はもう1つのゲームがある。それがタイブレークだ。

 先週のロジャー・フェデラーとの試合の第2セットで落とすまで、錦織は5月からおよそ5カ月間にタイブレーク12連勝を記録した。これはもちろん自身最高の記録だ。

 本来タイブレークは、サーブで楽にポイントを取れるビッグサーバーのほうが勝率が高くなる傾向があり、現役選手ではジョン・イズナー(アメリカ)、ミロス・ラオニッチ(カナダ)らが勝率上位に名を連ねている。

 一方でBIG4の勝率も高く、ロジャー・フェデラーはある程度試合数をこなした現役選手の中で1位。他の3人も全員60%以上の勝率を誇っている。

全米チリッチ戦の勝利が象徴的。

 今回の錦織の12連勝は内容的には後者に近い。連勝中のプレーは目を見張るものがあり、セットポイントから挽回するシーンなど、これといった一発のプレーではなく、地力による連勝劇だった。

 また、タイブレーク12連勝中の試合は、すべて錦織が勝利している。この中にはタイブレークを落としていれば負けていたであろう試合が数多く含まれている。

 象徴的なのはやはり全米オープン準々決勝、チリッチ戦第3セットのタイブレークだろう。チリッチの連続ダブルフォルトにつけ込んで最後はリターンエース。セットカウント2-1として、勝利を大きく手繰り寄せた。

 さらに面白いデータがある。錦織の今シーズンの勝敗はここまで36勝17敗だ。同時期でのシーズン勝敗は2014年が49勝11敗、2015年が52勝13敗、2016年が52勝16敗。なんと10勝以上も少ないが、この3年間と同様に最終戦争いをしているのだ。

ポイントの獲得効率が良い。

 他の選手と比較すると、35勝しているステファノス・チチパス(ギリシャ)や34勝しているデニス・シャポバロフ(カナダ)とレースランキングのポイントで1000ポイント以上、つまり1.5倍以上のポイント差をつけている。

 今年の錦織がこれまでと違うのは、勝ち星に対するランキングポイントの獲得効率の良さなのだ。

 シーズンを振り返ると意外な敗戦が多い。しかし、グランドスラムでは出場した3大会全てで2週目まで勝ち残り、敗れた時の相手は優勝か準優勝している。

 マスターズでも7回中3回でベスト8以上。敗れた試合のうち4試合はBIG4が相手。大きな大会では1勝のポイントの重みが違う。ビッグマッチを制してきたことが、結果的に効率の良いポイントの獲得につながっている。

デルポトロの負傷によって……。

 先々週の楽天ジャパンオープンでのダニール・メドベデフ(ロシア)への敗戦は衝撃的だった。決勝までの勝ち上がり方からあの結果を想像できた人はほとんどいなかっただろう。

 そのためか、メディアでは盛んに決勝8連敗という言葉が連呼され、勝負弱いという印象が世間に広まったように感じる。しかし、8連敗するまでの錦織の決勝成績は11勝5敗だった。トータルでもまだ11勝13敗だから、決して悪い数字ではない。むしろ今シーズンの錦織の快進撃は、ここまでであげたような勝負強さが支えているのだ。

 ファン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)の骨折というショッキングなニュースが入ってきた週明け。ニュースそれ自体は非常に残念で、一日も早い回復が望まれるが、もしデルポトロが今シーズンの残りを欠場すれば、最終戦の8人目の枠に錦織かイズナーが入る可能性が出てきた。各種状況から、ほぼこの2人のマッチレースと見ていいだろう。

 最後の1枠を手繰り寄せるカギになるのが、この勝負強さではないだろうか。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon