古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

来夏に「東京2020」 五輪1年程度延期決定…コロナ渦で安倍首相決断

デイリースポーツ のロゴ デイリースポーツ 2020/03/25 06:00 デイリースポーツ
お台場に設置された五輪モニュメント © デイリースポーツ お台場に設置された五輪モニュメント

 安倍晋三首相は24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のトマス・バッハ会長と電話で会談し、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、7月24日開幕の通常開催が不透明になっていた東京五輪について1年程度延期することで一致した。遅くとも2021年夏までに開催することで合意した。五輪が戦争で中止になった例は複数あるが、延期は史上初。21年に延期となっても、大会名称の「東京2020」は変更しない。

 各国のオリンピック委員会(NOC)、競技団体、アスリートが推す声が最も強い「1年延期」が決定的になった。この日午後8時から安倍首相がIOCのバッハ会長と電話会談。「現下の状況を踏まえ、世界のアスリートが最高のコンディションでプレーでき、観客にとって安全、安心な大会とするために、1年程度延期することを軸に検討して欲しい」と伝え、バッハ会長も「100パーセント同意する」と応じた。

 会談では、遅くとも21年夏までに開催することで合意した。安倍首相は会談後、1年程度とした理由を問われ、「感染症の広がりの状況を見る中で、年内は難しいだろう」と説明した。1年後なら新型コロナウイルスの一定の終息が見込める上、治療法などが確立されている可能性も高く、“完全な形”で実施できる計算が立つ。

 IOCはその後、臨時理事会を開き、延期を正式に承認した。また1年延期の場合、最大のネックとみられていた21年7月開幕の水泳世界選手権(福岡)と同8月開幕の陸上世界選手権(ユージーン)との調整にも、この日までに見通しが立った。

 IOCの次期会長候補と目されるセバスチャン・コー会長を擁する世界陸連は五輪が1年延期される場合、世界陸上も延期を検討すると表明。英タイムズ紙は「22年まで延期される可能性がある」と報じた。水泳に関しても日本開催であること、また最も発言力のある米国水泳連盟が五輪の1年延期を要望しており、日程変更へのハードルはそれほど高くない。“外堀”は埋まったと言っていい。

 21年開催となっても、大会名称の「東京2020」は継続して使用する。既に福島県に到着している聖火は当面とどまり、その後も国内で保管する。会場や宿泊施設の調整、ボランティアの確保など課題は多く、維持費、人件費も大きく膨らむ。コスト面は国民の大きな関心事で、IOCと妥協点を見出せるかが今後の焦点になる。1年延期という方向性は決まったが、歩む道は決して平坦ではない。

東京五輪特集はコチラ

デイリースポーツの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon