古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

樺細工に曲げわっぱ…、風情ある角館で素敵なクラフト探し

ことりっぷ のロゴ ことりっぷ 2021/07/22 18:30

城下町の風情あふれる角館。山桜の樹皮の風合いが魅力の「樺細工」や、杉の木目が美しい「曲げわっぱ」など、自然素材のあたたかみとデザイン性の高さを兼ね備えたクラフトに出会える町です。みちのくの小京都を散歩しながら、毎日の生活を彩る手仕事の品を探してみませんか?

ことりっぷ © ことりっぷ 提供 ことりっぷ

JR角館駅から徒歩15分ほど。角館の外町(とまち)と呼ばれるエリアに、7代にわたって樺細工の製造業を営む藤木伝四郎商店はあります。 山桜の樹皮を使う樺細工は、秋田県角館に技術が受け継がれている伝統工芸品。樹皮の模様と独特の光沢を生かして、茶筒や箱物などが作られています。 藤木伝四郎商店の樺細工は伝統的な品に加え、「都会のマンションにもなじむデザイン」をコンセプトにしたモダンな輪筒シリーズやテーブルウエアが魅力。江戸末期の蔵をリノベーションした店内に、まるでアート作品のようにディスプレイされ、手にとって質感を確かめながら選ぶことができます。

ことりっぷ © ことりっぷ 提供 ことりっぷ

6代目の故・藤木浩一さんが手がけた、藤木伝四郎商店を代表するシリーズが「輪筒」です。伝統的な山桜の樹皮に、さくらやくるみ、かえでの素材を取り入れた明るく革新的なデザインの茶筒。4つの木目の表情や経年変化が楽しみな一生モノのクラフトです。 樺細工の茶筒は抗菌効果が高く防湿にも優れているので、茶葉の鮮度をキープしてくれます。日本茶はもちろん、紅茶やコーヒー豆の保存にもおすすめ。自宅でのカフェタイムが豊かになりそうです。

ことりっぷ © ことりっぷ 提供 ことりっぷ

ことりっぷ © ことりっぷ 提供 ことりっぷ

昔ながらの黒板塀が和の風情を感じさせる武家屋敷通りに角館さとくガーデンはあります。秋田は杉や山桜などの木材や良質な陶土に恵まれ、手仕事の文化が根づく土地柄。

ことりっぷ © ことりっぷ 提供 ことりっぷ

角館さとくガーデンは、角館の樺細工や大館曲げわっぱ、川連漆器(かわつらしっき)、楢岡焼といった秋田クラフトのほか、オリジナルの桜グッズや秋田犬グッズなどがそろうセレクトショップです。

ことりっぷ © ことりっぷ 提供 ことりっぷ

秋田の北の街、大館で作られた曲げわっぱの弁当箱。寒く厳しい環境で育った杉ならではの美しい木目と丈夫さが魅力です。斜めに入った一本のラインがモダンな印象。自然素材ならではのあたたかみが感じられ、杉がふんわり香ります。弁当箱の内側はウレタン塗装がしてあるので使い勝手がよく、揚げものやナポリタンなども詰められます。

ことりっぷ © ことりっぷ 提供 ことりっぷ

秋田県内陸部の大仙市で作られている楢岡焼は、江戸時代末期からの歴史を持つ焼物。秋田の天然原料で一つ一つ手づくりされ、ブルーがかった優雅な色合いと素朴なフォルムが特徴です。取ってと注ぎ口がついた納豆鉢は、納豆をおいしく混ぜるためにつくられた器。納豆はもちろんのこと、ドレッシングを入れたりミルクを入れたり、食卓を彩ってくれます。

ことりっぷ © ことりっぷ 提供 ことりっぷ

ことりっぷ © ことりっぷ 提供 ことりっぷ

角館さとくガーデンには、看板犬がいます。秋田犬の武家丸(ぶけまる)くんです。くるりと巻いたしっぽとまつ毛のように見える目元の黒いところがチャームポイント。やさしくおおらかな性格で、近所の猫が遊びに来ても動じず、また、お客様の写真撮影にも応じてくれるそう。 武家屋敷通りを散歩しながら、大館曲げわっぱや樺細工、楢岡焼など日々の暮らしを豊かにしてくれる秋田クラフトを探してみてくださいね。

ことりっぷ © ことりっぷ 提供 ことりっぷ

新しくなった「ことりっぷ 角館・盛岡 平泉・花巻・遠野」では、こちらの記事のほかにも魅力溢れる角館・盛岡 平泉・花巻・遠野の今を紹介しています。ことりっぷオンラインストアのほか、ことりっぷアプリの電子書籍をぜひチェックしてみてくださいね。

ことりっぷ © ことりっぷ 提供 ことりっぷ

この機能は、お使いのブラウザーのバージョンではサポートされていません。この機能を使うには、Internet Explorer の最新バージョンにアップグレードすることをお勧めします。

ことりっぷの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon