古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

大泉洋、吉田大八監督が登場!映画『騙し絵の牙』ダマキバ感謝祭【トークノーカット】

映画『騙し絵の牙』のイベント「ダマキバ感謝祭」が9日、大阪市内で行われ大泉洋、吉田大八監督が登壇。本作の魅力に迫った。 〜見どころ〜 「盤上のアルファ」「罪の声」などの作家・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公に当て書きした小説を映画化。廃刊の危機に瀕した雑誌の編集長が、存続を懸けて奔走する。大泉が編集長にふんするほか、『勝手にふるえてろ』などの松岡茉優、『64-ロクヨン-』シリーズなどの佐藤浩市らが共演。『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八が監督を務め、『天空の蜂』などの楠野一郎と共同で脚本も手掛けた。 〜あらすじ〜 大手出版社の薫風社で創業一族の社長が急死し、次期社長の座を巡って権力争いが勃発する。専務の東松(佐藤浩市)が断行する改革で雑誌が次々と廃刊の危機に陥り、変わり者の速水(大泉洋)が編集長を務めるお荷物雑誌「トリニティ」も例外ではなかった。くせ者ぞろいの上層部、作家、同僚たちの思惑が交錯する中、速水は新人編集者の高野(松岡茉優)を巻き込んで雑誌を存続させるための策を仕掛ける。 映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024668 公式サイト:http://movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/ #大泉洋 #騙し絵の牙

次の動画

次の動画

シネマトゥデイの関連リンク

シネマトゥデイの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon