古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【映像】爆薬18トンで模擬実戦テスト 米新鋭空母の耐衝撃性能検証

 米海軍は6月18日、南東部フロリダ州沖160キロの大西洋上で、最新の原子力空母の耐衝撃性能検証を行った。  海軍は、空母「ジェラルド・フォード」に対して、爆薬総量4万ポンド(約18トン)を使って、直近の海中で複数回の大規模な爆発を起こし、爆発による衝撃に耐える性能をテストした。  海軍によれば、ジェラルド・フォードは、最先端のコンピューターモデリング技法やデータ解析技術を駆使して設計されており、過酷な戦闘条件に耐えられるように艦体が強化されていることが、この衝撃テストで確認されたという。 (アメリカ、フロリダ州、6月22日、映像:US Navy via Storyful/アフロ)

次の動画

次の動画

アフロの関連リンク

アフロの関連リンク

国内主要

海外

経済・マーケット

政治

世界のびっくり映像

image beaconimage beaconimage beacon