古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

催花雨のあとは寒気南下

ウェザーマップ のロゴ ウェザーマップ 2019/03/19 17:07 気象予報士・饒村 曜
図 札幌と東京と福岡の3月の気温(20から26日は気象庁、27から29日はウェザーマップの予報) © ウェザーマップ 図 札幌と東京と福岡の3月の気温(20から26日は気象庁、27から29日はウェザーマップの予報)

3月20日は高気圧に覆われ、北~西日本で晴れとなり、関東から西の地域では最高気温が20℃前後まで、北日本から北陸も15℃以上になりそうです。

21日の春分の日は、日本海で低気圧は発達し、全国的に気温が高い雨、さくらの開花を催促する催花雨になりそうです。今週は、さくらの開花のたよりが西日本や東日本の太平洋側から聞かれると思います。

しかし、22日以降は、北日本を中心に強い寒気が南下し、週の前半と後半では最高気温が10℃近くも違いますので、体調管理に注意が必要です。

ただ、さくらの開花後に気温が低いと、満開を少し遅らせますので、花見に適した期間は長くなりそうです。

(気象予報士・饒村 曜)

ウェザーマップの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon