古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

地震のあった北海道 雪崩の危険性高まる

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2019/02/22 09:08 国内

21日夜、震度6弱の地震を観測した北海道厚真町は、22日は最低気温氷点下9度6分と、強い冷え込みに。地震の影響に加え、北海道では日中は3月中旬~下旬並みの暖かさの所が多く、雪崩に十分注意。

●冷え込みから一転 ひと月先の暖かさの所も

地震のあった北海道 雪崩の危険性高まる © tenki.jp 提供 地震のあった北海道 雪崩の危険性高まる

21日の夜は、北海道で強い地震があり、厚真町では震度6弱を観測しました。その厚真町では、21日夜~22日朝にかけて、冷え込みが強まり、22日の最低気温は氷点下9度6分でした。厚真町の20日の最低気温が氷点下0度8分だっただけに、体にこたえた方もいらっしゃるのではないかと思います。

ただ、日中は、南西部や東部を中心に日差しが降り注いで、21日より暖かくなる所もあるでしょう。予想最高気温は、3月中旬~下旬並みの所が多くなりそうです。朝はまだ寒くても、札幌や網走などでは、日中はひと月先の暖かさでしょう。

●暖かさが引き起こす危険

ただ、この暖かさで心配なのは、雪崩の発生です。昨夜の地震によって、地盤が緩んだだけでなく、雪崩が発生しやすくなっています。さらに日中は季節先取りの暖かさになるため、雪崩の危険性が一段と高まりそうです。斜面には絶対に近づかないで下さい。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon